大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

「遺品整理する人の気持ち」

心から大切に思う故人の遺品を整理することは、誰でもその心に大きな空洞をあけるといいます。ですがその遺品の数があまりに多くあると、これからずっとその物を管理してゆくことに大変な労をしいられると言われるのも本当です。

遺品整理をする人の精神に大きな負担がかかるのは当然のことです。亡くなった人が大切にしていたものなのではないか、だからその思い出の品を捨てるのは忍びない。その遺品のそれぞれには故人の思いが宿っている気がして、捨てられない。

そんな思いをしながら遺品整理をすることは、簡単ではありません。

大切な人を失っただけでなく、その人が大切にしていたものを処分しなければならないのですから、当然でしょう。

遺品整理は、そんな心の負担を軽くするための手段と考える人も少なくありません。

遺品を供養することで、亡くなった人への思いを断ち切ろうとするのです。

遺品整理は、故人との関係が深かった身内が時間をかけて行うべきものです。遺品整理によって、大切な人を失った心に整理をつけることもできるでしょう。

しかし、さまざまな事情から遺品整理が難しい人もいます。遠方に住んでいるので何度も足を運ぶことができない。遺品の量が多すぎて自分で処分するのが難しい。体を壊しているため遺品整理に行けない。なかなか気持ちの整理がつかず遺品整理に取り掛かることができない。様々な事情があります。

そのようなときは、無理して自分で遺品整理をせず、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

その際、信頼できる良心的な業者を選ぶために2つポイントあげておきます。

●現地を見てから見積りを出してくれる業者を選ぶ

●料金が安すぎる業者は要注意(あまりにも安さを宣伝してくる業者は要注意です。処分業者としての許可を取得していない違法業者である可能性もあります)

遺品整理についてご質問されたい方がございましたらどうぞお気軽にご相談下さい。

心から大切に思う故人の遺品を整理することは、誰でもその心に大きな空洞をあけるといいます。ですがその遺品の数があまりに多くあると、これからずっとその物を管理してゆくことに大変な労をしいられると言われるのも本当です。

遺品整理をする人の精神に大きな負担がかかるのは当然のことです。亡くなった人が大切にしていたものなのではないか、だからその思い出の品を捨てるのは忍びない。その遺品のそれぞれには故人の思いが宿っている気がして、捨てられない。

そんな思いをしながら遺品整理をすることは、簡単ではありません。

大切な人を失っただけでなく、その人が大切にしていたものを処分しなければならないのですから、当然でしょう。

遺品整理は、そんな心の負担を軽くするための手段と考える人も少なくありません。

遺品を供養することで、亡くなった人への思いを断ち切ろうとするのです。

遺品整理は、故人との関係が深かった身内が時間をかけて行うべきものです。遺品整理によって、大切な人を失った心に整理をつけることもできるでしょう。

しかし、さまざまな事情から遺品整理が難しい人もいます。遠方に住んでいるので何度も足を運ぶことができない。遺品の量が多すぎて自分で処分するのが難しい。体を壊しているため遺品整理に行けない。なかなか気持ちの整理がつかず遺品整理に取り掛かることができない。様々な事情があります。

そのようなときは、無理して自分で遺品整理をせず、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

その際、信頼できる良心的な業者を選ぶために2つポイントあげておきます。

●現地を見てから見積りを出してくれる業者を選ぶ

●料金が安すぎる業者は要注意(あまりにも安さを宣伝してくる業者は要注意です。処分業者としての許可を取得していない違法業者である可能性もあります)

遺品整理についてご質問されたい方がございましたらどうぞお気軽にご相談下さい。








 

遺品整理の方法とタイミング

遺品整理をしなければならないものの、整理の方法が分からずに戸惑っているという人はたくさんいるようです。また、自分にとって親しい身近な人だったので、「どうしても整理をしたくない」と言われる人も多いと思われます。まず必要なことは、

 

心の整理

 

です。法律などで遺品の整理の仕方が決まっているわけではないのですが、心の整理をつけたいと思ったタイミングで始めるやり方もあります。いつまでも悲しみを引きずってしまう人もいますが、それでは故人も悲しい思いをすることになるでしょう。

また、どうしても故人が亡くなった悲しみから抜け出すことができないという人もいますが、遺品整理をすることが心の整理に繋がる人はとても多いです。前を向いて新たな気持ちでスタートするきっかけにもなるでしょう。

 

業者に依頼する方法もある

 

一般的には家族で遺品を整理しますが、遠方に住んでいるなどの理由からなかなか遺品整理が必要な家に行くことができない場合もあります。

そういった場合には、遺品整理の業者や遺品整理に対応しているリサイクルショップに依頼をするという遺品整理の仕方もおすすめの方法です。

遺品整理や心の整理についてお悩みの方は、ぜひ一度、弊社へご相談下さい。微力ながらに、どのような形かでお役に立てれば幸いです。



 

あなたの大切な人への誠実なご奉仕

あなたの大切な人の生前の物品を整理するという事は、その故人にできる最後の奉仕です。

近年では高齢化・核家族化などの影響から、“一人暮らしで生涯を終える”という事例も多くあり、遺品整理の規模や方法が複雑化しています。

複雑化している遺品整理を家族だけで行なうのは非常に難しいものです。

そこで、「遺品整理をいつから始めるのか?」、「遺品整理の際に遭いやすいトラブル」、「形見分けの時期」など遺品整理に関する様々な疑問が出てくると思われます。遺品整理はいつ行なえばよいのか?その最適な時期をお伝えしたいと思います。

●仏教の遺品整理の目安は没後49日後

仏教の葬儀を行なった場合の遺品整理は、“没後49日以降”というのが目安です。

49日というのは仏教の法要で、近親者の没後49日間を「喪中」として“故人の冥福を祈る”という期間になります。

喪中は“できる限り外交的な行動を控える”というのが一般的なので、遺品整理などは喪中明けの49日以降に行なうというのが一般的です。

ご葬儀に関する詳細な情報がわからない、もう少しここのところを聞いてみたい、という方が居られましたら、ぜひ弊社へお気軽にご連絡下さい。

少しでもお役に立つことができれば幸いです。



 

今から準備する遺品整理

金品や骨董品、資産などは分配が比較的しやすく、喜んで引き受けたいご家族も多いのではないでしょうか?

今のうちに誰に何を渡すか、確認しながら整理をしていくのもいいかもしれません。

ただし遺品の処分や分配をする上での注意事項として、お金にならない物の分配があげられます。

例えば仏壇や遺骨など、祭祀に関するものです。

都心のマンションで暮らす世代が増えてきている今、家族間でも仏壇やお墓を誰が面倒を見ていくのかで、議論をしている事案も多くなっているようです。

亡くなった後、誰に面倒を見てもらうのか今から話し合っておくことも視野に入れておいたほうがよいでしょう。

その会話も、いい思い出になるのではないでしょうか?

遺品の整理は、心の整理でもあります。

ご自身の死後、むやみに捨てられたくない思い出の物をどうするか。

想っているだけでは誰にも伝わらず、つい処分されてしまう可能性もあります。
今から遺品や相続に関する整理をする事はとても大切です。



 

そもそも遺品整理とは

本来身内の方が亡くなると故人の遺品整理は家族が行うものでしたが、遺品整理には時間と労力が必要で、ゴミの分別化が厳しくなり、家族だけで行うのは精神的負担が大きいものです。残されたご家族の思いを継承して行う遺品整理は、単なるゴミを運び出す不用品回収とは全く異なります。弊社はこれら全ての遺品を綺麗に整理させて頂いております。遺品整理でお困りの方はぜひご相談ください。



 

人生のデコレートから共に生きる

遺品整理とは、故人の残した品(遺品)を整理すること、つまり、その故人の生前の「生きた証」を残された人たちがデコレートをし、その故人の息吹がこもった品と共にその後を生きることに繋がる、そう考えられます。

本来ならば家族や親戚の所有物ですから、身内で整理を行うことが自然だと思われる方が多いと思います。しかし状況によっては遺品整理専門の業者に依頼しなければならない場合があるのも事実です。

・遺品がありすぎて全部を把握できない。

・実家の近くに親戚が誰もいない。

・日々の忙しさにより、どうしても遺品整理に時間を保てない(集中した時間を確保できない)。

いろいろな場合がありますが、このような身近な問題が現実において身にかかり、思うように遺品整理を行う時間を確保できないということが多いようです。

このような問題を解決する為、日頃から身内同士で密に連絡を取り合い、また高齢になった近親者と周りの人が共に生前整理を行う場合もあるようですが、実際にはこのように事を運べる例は希のようです。

遺品整理とは、故人の残した品(遺品)を整理すること、故人を思う上ではとても大切な事です。思いがあふれる故人とその後も共に生きる空間を作って下さい。



 

新年の門出へ向けて

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。

新年になり、心機一転、新しい行事に勤しんで方もおられるでしょうか?

去年の内に片付けきれなかった衣類や小物品、「これからしばらく使ってから捨てよう」などと思っている家具を含め、未だお手元に多量に残ってお困りの方はございませんか?

新年になり、新天地へ引っ越される方も居られるでしょうか?そんな時でも要らなくなった物や捨てる物があまりに多くあった場合は、やはり誰でも処理にお困りになるでしょう。粗大ごみ・不用品回収業者をそんな時こそ重宝して頂けたら幸いです。皆さんの新しい門出の為のお手伝いをさせて頂きますので、どうぞ何なりとお申しつけ下さい。

本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。



 

「年末年始のお仏壇と神棚のお掃除方法「水は使いません」」

そろそろ年の瀬が近づき、大掃除などを始め、一年のスス汚れを払おうとしている方々も多いのではないでしょうか?お掃除する際にも手慣れた部分は難なくお掃除できるかもしれませんが、例えばお仏壇のお掃除など、普段からあまりお掃除し慣れない部分については「どうすればよいのか?」とお困りの人も多いように思います。

よほど熱心な人でない限り、自宅に仏壇や神棚があっても、お線香やお供え物をするだけできちんとしたお掃除まで出来ていないのが実情のようです。ご先祖様や神様に敬意を表する為にも、年に一度はお掃除致しましょう。

(仏壇のお掃除の仕方)

様々な物が置かれる仏壇のお掃除は、先ずお供え物をはじめ、その周囲の物を移動させることから始まります。仏具を触る際には、できれば白手袋を着用して下さい。これは、仏具に傷や指紋が付かなくする為です。そして、一つ一つの物品に丁寧にはたきをかけ、表面のほこりを払い落します。

一般的にお仏壇は木製ですので、お掃除に水は使用しません。はたきでほこりを払ったら、柔らかい布でから拭きをしましょう。汚れが目立つ場合には無理に擦ろうとせず、専門業者に依頼した方が無難です。又、金箔が使用されている部分は非常にデリケートなので絶対に触らないよう注意しましょう。

スス汚れは専用の洗剤を使って落とし、必ずから拭きをして下さい。仏具は、真ちゅうでできているものは磨き剤でみがきます。金メッキの物を同じように磨くと表面がこげてしまうので注意してください。

(神棚の掃除方法)

神棚は高い位置にあることが多いので、普段はお供え物を取り換えるだけということが多いと思いますが、よく見てみるとかなりほこりが付いています。お仏壇と同じく木製ですので、水を使ったお掃除は避け、はたきでほこりを払い落し、柔らかい布でから拭きをするようにしましょう。

拭いていく順番は、最初は内側から、だんだん外へ向くようにしてください。供物皿や榊立てなどは洗えるものは水洗いし、よく乾燥させます。汚れがひどい場合は、食器用洗剤で洗ってもかまいません。そして、お掃除はいきなり始めるのではなく、神様に対して敬意を払う為、二拝礼、二拍手、一礼してからするのもよいでしょう。

来年も皆さんにとってよい年になるようお祈り申し上げます。どうぞよいお年をお迎え下さい。今後主どうぞ宜しくお願い申し上げます。



 

終活とは?

「終活」とは残りの人生をよりよく生きるため、葬儀や墓、遺言や遺産相続などを元気なうちに考えて準備することで、3年前に週刊誌が使った造語です。映画「エンディングノート」で一躍話題になりました。総務省や厚生労働省の調査によると、今年4月現在、65歳以上の人口は3千万人を超え、日本の総人口の23.7%。その半数以上が高齢者だけで暮らしているといわれています。弊社でも残された子供たちの負担を少しでも減らそうと使わなくなった家具や衣服などの処分を請け負うことが多くなりました。少し寂しいお話になりましたが、日本の高齢化社会の大きな課題ともいえるのではないでしょうか?

「空き家」

今回のお客様は、ずっと亡父の実家を片付けることができずにいた方です。

やはり、空き家にしておくと家も痛み、資産価値が下がっていく一方ですし、管理するにも草刈や壊れた箇所の補修、固定資産税が余計な出費となります。
また防犯上、放火などの被害に遭うことも想定されますので、空き家は自分だけの問題ではなく、そこに住む地域住民にとっても問題なのです。

案外、自分でやろうと思っても、思い出に浸ってしまって整理出来ないという気持ちもわかります。

ですからここは思い切って第三者である遺品整理業者に相談しては如何でしょうか?

 

Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ