大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

遺品整理の一部を業者に依頼

若い方なら体力的には問題もありませんがやはり精神的にひとつひとつの思い出の品を手に取っていくうちに

悲しみが甦ってきたりしてしまします。 何気にあけた冷蔵庫の中に飲みかけのペットボトルを見て悲しみが

改めてこみあげてきた。 痛いほど気持ちがわかります。 遺品整理中に体調を崩される方もおられます。

遺品整理には時間と手間がかかるものです。

体力的 精神的に余裕があればある程度の大まかな残す物 処分する物を自身で行うのもおすすめです。

一つの区切り けじめとして自身で行いのも良いかも知れません。

最終的な判断はご自身ですがコスト的な節約にはなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・兵庫・京都・奈良、関西の遺品回収・整理
ハロークリーンセンター
URL:http://www.ihin-hello.com/
BLOG:http://www.ihin-hello.com/blog/
───────────────────────────
ハロークリーンセンターは福住引越センター直営の
産業廃棄物の正規収集運搬会社です。
兵庫県神戸市兵庫区兵庫町1-4-26
TEL 0120-11-4021  078-651-4021 FAX 078-681-2096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

遺品整理が必要となった時代背景

現在の核家族の時代と違い三世代同居が一般的だった時代は次の世代に遺品が引き継がれるものでした。

家庭の家族構成の在り方の違いにより遺品は引き継ぐものから整理するものに変化したのかも知れません。

住宅事情からみても保管場所もなく引き継ぐものと処分するものに分ける必要も出てきました。

また故人が借家住まいであれば早い目の対応が必要であり 遠方であれば尚更の事となります。

時間の無い中で行う遺品整理は本当に重労働となります。

そういった観点からも遺品整理は現代のニーズに合った業務になっています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・兵庫・京都・奈良、関西の遺品回収・整理
ハロークリーンセンター
URL:http://www.ihin-hello.com/
BLOG:http://www.ihin-hello.com/blog/
───────────────────────────
ハロークリーンセンターは福住引越センター直営の
産業廃棄物の正規収集運搬会社です。
兵庫県神戸市兵庫区兵庫町1-4-26
TEL 0120-11-4021  078-651-4021 FAX 078-681-2096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご自身での遺品整理

遺品整理の基本は、必要なモノと不要なモノを分けること。

想像以上に手間と時間を要する作業です。

それ故、いきなり遺品全てを順序立てて整理しようとはせず、まずは必要そうなものの目星をつけて、一つづつ整理していくことがオススメです。

例えば、お金、通帳、証券、身分証、印鑑、鍵などは真っ先に保管すべきものでしょう。

次に、写真や手紙、故人の思い出となる物を少しづつ整理していくと良いでしょう。

また、美術品や骨董品など資産価値のあるものもしっかり保管しておきましょう。

遺品整理をする上で保管すべきものは人それぞれ異なるかもしれませんが、以上のモノに関してはみなさんしっかりと注意して整理することをオススメします。

後に残ったものの多くは、いわゆる不用品という物がほとんどですから、各自治体の指示にしたがって処分するか、あるいは遺品整理の専門業者に処分の依頼をするのも良いでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・兵庫・京都・奈良、関西の遺品回収・整理
ハロークリーンセンター
URL:http://www.ihin-hello.com/
BLOG:http://www.ihin-hello.com/blog/
───────────────────────────
ハロークリーンセンターは福住引越センター直営の
産業廃棄物の正規収集運搬会社です。
兵庫県神戸市兵庫区兵庫町1-4-26
TEL 0120-11-4021  078-651-4021 FAX 078-681-2096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

遺品整理

遺品とは亡くなった方が生前使用していて残したもの全て 衣類、家電、家具、生活雑貨などを指して遺品と

言います。 また財産的な価値のあるものは遺産と言って区別しています。

遺品整理とは言葉通り遺品を整理する事で諸事情により遺品整理を業者に託す業務を請け負う方が

近年増加傾向にあります。

亡き人の思い出が詰まっているため簡単には処分しずらい。遠方の為出向けない。高齢のため体力的に

無理。 借家の明け渡し期日が迫っていて手伝ってほしい。 などなど・・・

そんな諸事情をお持ちの方は是非当社にご相談下さいませ。

遺品整理センター・ハロー
0120-49-0022
 

 

 

 

 

 

遺品整理総合相談窓口共同組合

遺品整理の仕事が世に知れ渡る事となりましたが それに伴い遺品整理を巡るトラブルも増加しています。

主なトラブルの内容は『依頼してない業務を勝手に行い高額請求をされた』 『骨董品や美術品などの貴重品

を許可なく回収された』 『遺品を山中に不法投棄された』 『故人宅に土足で上がり込み室内でたばこを吸う』

などの全国の苦情に対応してくれる相談窓口を岡山県に6月から開設されました。

窓口には遺品整理士が常駐しており相談に応じてくれます。また造園や解体、リフォームなどに携わるプロも

いるため 故人宅の庭樹の伐採、空き家になった場合活用法など遺品整理に関するさまざまな問題に幅広く

対応してくれます。

遺品整理総合総合相談窓口共同組合

AM9時からPM6時 水曜休み  0869-93-2981

 

 

海外でのお話

アメリカのカリフォルニア州で60代の女性が夫の死去に伴い遺品を整理をリサイクル業者に依頼したところ

依頼品の中に古い小型コンピュータがまぎれていたそうです。 依頼者に尋ねたところ 『あげるわ。好きにして。』

との事。 なんとそのコンピュータは1976年に開発された[アップル1]と判明。

伝説のマシンといわれ現存数も少なく競売にかけられ 20万ドル(約2500万円)で落札されました。

この女性の行方が分かっておらず リサイクル業者は現在捜査中との事です。

 

 

片付けるだけじゃない「遺品整理」

少子高齢化・未婚率や離婚率の増加により、単身世帯が増え、同時に亡くなった時に引き取り手の無い「孤立死」が増えています。

サイトなどを見ていると、現在でも3万人の孤立死が報告されているそうですが、2040年頃には年間20万人に増加すると見られているそうです。

そんな中、亡くなった人の持ち物を整理する「遺品整理業」の需要が高まっています。

「遺品整理業」の仕事は、家財を整理するだけでなく、リサイクル品の買取・売買の他、形見分けの配送など、やることは大変多いようです。

しかし、現場の仕事は時に想像を絶することもあり、かなりの覚悟を持って立ち向かうこともあります。「遺品整理」とは職業として行うと言うよりも、世間から求められて、あるいは時代のニーズとして求められて活動するものなのかもしれません。

現在は、「遺品整理士」という資格もできて、遺品に接する際の心構えや廃棄物処理などの法律を学び、資格を得るそうです。現在様々な資格が存在しますが、これほど切実に「死」と向き合う資格はないのかもしれません。

さまざまな遺品整理

遺品整理のさいに最近よく頂くご依頼を何点かご紹介いたします。

●故人様のご使用になられていたパソコンのデータ消去

●庭付き借家の明け渡しに伴う庭木の伐採

●故人様のペットの里親探し

●遺品整理と合わせての形見分け作業

●お仏壇、ひな人形の魂抜き

●電機、ガス、水道等の公共料金の解約手続き

そのほかにも事前ではなく当日現場でご相談頂く事も多々ございます。お気付きの事があれば何なりと

お申し付け頂いて結構です。

遺品整理のハロークリーンセンター

お電話ですぐにお見積りフリーダイヤル携帯OK0120-49-0022受付時間:7:00~19:00(年中無休)

 

想像を絶する遺品整理の世界

最近書店で「遺品整理」のお仕事をされている方の体験談を書いた本が何冊も売られています。

日々行っている遺品整理という仕事について、様々なエピソードが掲載されているそうですが、けっこうリアルな内容で、読むのは勇気が必要とか….

そこで、とりあえずブログとか、口コミ情報などを閲覧してみましたが、興味本位では読み進められない凄まじい文章が書かれており、現代社会が抱える「闇」というものを感じさせられます。

少子高齢化、遺産相続、恋愛のもつれ、遺族の不仲、人に知られたくないとんでもない性癖……、まさに人の営みの陰の部分が凝縮されています。

私もひとり暮らしですから他人事では済まされません、せめて部屋の中の整理くらいはしておかなければと強く思います。まちがっても書物に掲載されるような最期にはなりたくないものです。

いかに生きるかということも大事ですが、いかに死ぬかということも大きな人生の問題なのですね!

遺品整理

今朝 出勤前に何気にスイッチを入れたテレビで遺品整理業者のドキュメンタリーをやっていました。

内容はアパートで孤独死をされた男性の遺品整理でした。 死後二週間後に大家さんによって発見され

ご遺族連絡をしたところ 長い間疎遠になっていたため全てを放棄され大家さんからの依頼でした。

不用品というものは一切なく 個人の立場に立って 引き出しの隅から冷蔵庫の中ズボンのポケットの中まで

ひとつずつ丁寧に整理していく地味な作業です。 2本だけ残っている煙草、冷蔵庫内の残された卵など

数日前まで個人の生活が感じられ 突然訪れる死のあっけなさを実感してしまいました。

もうひとつの内容は亡くなったお父様の遺品整理を28歳お嬢さんが行うもので お嬢さんの小さい頃に描いた

絵を保管されていた事に感動したり 何気ないお父さんのメモの走り書きですらいとおしく整理していく

姿でした。

このお嬢さんと同じ気持ちで私共も日々作業を行っています。ご遺族の方には気持ちの整理がつかないまま

私共にご依頼を頂く事も多々あります。  ご遺族のご意向にしっかり耳を傾けご不明な点 判断がつかない事

は良きアドバイザーとしてお手伝いをしていきたいと改めて思いました。

Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ