大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

残されたペットはどうしたらいいか

近年ではご高齢者がペットと一緒に暮らすことが増えており
60歳以上の40%近くまた70歳以上でも30%以上が
ペットと生活をされているそうです。

一人暮らしで色々と不安なことがありますが、
ペットの存在で楽しい生活を送ることができるでしょう。
また大半の方がペットとの暮らしに癒されていらっしゃると思います。
 
もし飼い主が先に亡くなった場合、残されたペットはどうしたらいいのか?
一番の方法は遺族内で引き取るか、または引き取ってくれる親類を探してください。
どうしても引き取り手がいなければ、必ず里親を探すようにしましょう。

今は里親を探してくれるボランティア団体や、ペットショップなども存在します。
どうすれば良いかわからない場合は、生前整理に一度ハロークリーンセンターに
ご相談してみることをお勧めします。

かけがえのない大切な家族だからこそ、もしもの時に備え
ペットのこともきちんと考えておきたいですね。

急なご依頼にもお任せください

遺品整理をしなければいけない時どうしていますか?

先日は大阪市在住の方からのご依頼がございました。

突然の訃報で葬儀後は気持ちの整理もつかず、遺品整理が上手くいかないこともあります。


ご依頼主様がご負担を軽減したい急なご依頼にも

ハロークリーンセンターが全力でサポートしました。

遺品整理って故人の身内がやるものでは?と思われがちですが、

状況によっては遺品整理業者に任せるのも一つの方法です。

ご遺族の方が遺品整理するよりも圧倒的に業者に依頼すれば

スピーディに終える事が出来ます。


ハロークリーンセンターは気持ちを穏やかに新たな生活を

スタートできるよう心掛けてひとつひとつ遺品整理をしていきます。

どうかお気軽にご相談下さいませ。親身になって受けさせて頂きます。



ポツンと暮らす

『ポツンと一軒家』という番組はご存知ですか? 衛星写真で日本の各地にポツンとある一軒家をクローズアップした面白い番組です。

 

ただ、この番組のもう一つの見方として過疎化する地方の問題をも丁寧に取り上げている点です。決して暗い話題にするのではないのですが、いい意味での問題提示になっていると思います。

 

さて、こうした過疎の問題は、地方都市に限らず都市圏でも空き家問題として表れています。問題としては別なのでしょうけれど、人口減少が拍車をかけているのは同様ですね。

 

このように、過疎というのは今や地方の問題ではなくなりつつあります。都市部においても様々な問題として取り上げられるべきことではないでしょうか。

 

この延長上には様々な「生き方」のことにもつながっていきます。私たちは遺品整理をする過程で、多くの「生き方」をとらえてきました。だからこそ、個人の問題として「生き方」をとらえるだけでなく、もっと広い問題として見つめなおしていきたいのです。

 

自己管理

今度の冬こそは健康に過ごすぞ、と決意しながらも、3月某日「インフルエンザ」にやられてしまいました。

今回のウィルスが強力なのか、あるいは自分が年をとって抵抗力が無くなったのか、かなり激烈な症状を起こしてしまいました。

熱は40度超え、頭痛・悪寒・激しいせき、こんな時だけ普段の不摂生がうらめしくなります。そして食料が無くなった時、ふと頭をよぎるのが「孤独死」です。

特に寒気がして「トイレ」に立つのもつらい状況で、とても買い物は無理です。このままいけば、栄養もとれず・薬も飲めず…そして最悪の事態に。

その時、奇跡的に少しだけ元気が出てきたのか服を着替え自転車に乗って買い物に(飲酒運転より危ないのでは?)、ようやく落ち着いたころにはだいぶ身体も元気になっていました。

今は元気に元の生活にもどりましたが。



 

遺品の整理に手を付ける

大切な人が亡くなって間もない間は、
学校やお仕事に行っても、なかなか集中する事ができない事も多々あります。
しかし、生きていく上ではやらなければいけない事もたくさんあります。

悲しみに暮れて遺品整理になかなか手がつけられないという方もたくさんおられます。
ただでさえ手をつけ辛いのに、何を残して何を処分していいのか、
また誰が保管し、処分は誰に頼むのかなど考える事が多くなります。

まず、衣服などはなかなか処分できないかもしれませんが、
肌着などをまず紙袋等に入れて処分する事が出来ると思います。

他の衣類は気持ちが落ち着いてからでよろしいかと思いますので、
ダンボール等の箱に入れて保管しておけばよろしいかと思います。

他の大切な遺品に関しては、
形見分けできる物に関しては形見分けしたほうがいいかもしれません。

ただ、急がれた方がよいのは、通帳など亡くなられた方名義のものを解約する事です。
その他遺品整理でお困りの際はお気軽にご相談ください。



 

寝屋川市にて

桜も満開。春ですね!

大阪、兵庫、京都、奈良の遺品整理(ハロークリーンセンター)です。

先日、大阪府寝屋川市からご依頼がございました。

ご依頼内容は、お亡くなりになったご主人の遺品整理でした。

衣類、家具や書籍 PCなどを引取りさせていただきました。

大阪、兵庫、京都、奈良での遺品整理ならハロークリーンセンターにお任せください。

遺品整理の事でお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。。

 



 

親子で準備

桜も開花。いよいよ春が本格的に始まりますね。

 

ある本の記事を目にしたのですが、生前に親子そろって遺品の整理を行うことが書かれていました。

親御さんは残る品々の整理にあたり、お子さんの方は生前準備の方をあたると言う形が

いざと言うときにスムーズに遺品の整理が行えるということが書かれていました。

 

親子で準備を行うことも1つの方法として頭の隅にでも置かれても良いかと思います。

 

それでもお困りの際は当社にお気軽にご相談して下さい。

 



 

お仏壇

こんにちは。
大阪、兵庫、京都の遺品整理【ハロークリーンセンター】です。

「お引越し等でどうしても仏壇を持って行けなくなった」
「親族が御祀りしていたが、事情により処分をしなければならない」

など、お仏壇の処分は一般的な家財道具を処分するのとは違い、
故人様やご先祖様を敬う気持ちから抵抗のある方が多いようです。

ハロークリーンセンターでは、さまざまな理由により仕方なくご不要になられたお仏壇の処分をお手伝いする、「お仏壇供養(御魂抜き~ご供養~処分まで)」をさせていただいております。

お仏壇はご先祖様を祀り、ご供養するための大切な場所ですので、
合同供養ではなく一台一台丁寧にご供養させて頂きます。

お気軽にご相談ください。

 



 

形見分け

仏式での形見分けとしては、遺品整理の中で形見分けを行いましょう。

故人様の生前に使用していたものは魂がこもっており、
その形見によってあなたを守ってくれるかもしれません。
大切に形見を頂戴しましょう。

形見分けをする場合には、仏式では、49日を目途に行います。
神式では50日祭の頃に行います。

形見分けを行うと同時に、遺品整理も一緒に行ったほうがよいかもしれません。

まずは形見分け、その後に遺品整理という流れで都合のつく時に順次行っていきましょう。
二度手間にもなりますし、あとから形見ものが出てきたりすると
また遺族で話し合わなければならなかったりするので、
故人を偲ばせる品を見るにはつらい時期ですが、遺品整理を行うことで、
遺族の方の気持ちの整理にもなりますので早めに取り掛かることをお勧めいたします。

 



 

遺品回収とハウスクリーニング

先日は、大阪市八尾市の遺品整理を行ってきました。

今回のお客様は回収する遺品は少なく、
遺品回収後のクリーニングが大変な現場でした。

ハロークリーンセンターでは、遺品を整理・回収するだけでなく
その後のハウスクリーニングにも力を入れております。

やはりご依頼する目的は「お部屋を綺麗にしたい・すっきりしたい」というのが
お客様の希望ですので、遺品整理だけではご満足はいただけません。

汚れの状況・お部屋の状況等々によりご料金は前後致しますが、
必要に応じて殺菌・消毒・リフォームも行っております。、

 

お気軽に当社にお問合せ下さい。



 

Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ