大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

特殊清掃安易に自分でしないで下さい(危険)

特殊清掃は、人が部屋で亡くなられた際に行う清掃を指します。
人が部屋で亡くなられた際には
血液や体液などによって汚れが付いたり、
腐敗による臭いが染み付いたりしてしまいます。
その場合、特殊な薬や機械を使って部屋を元通りにします。

最近では悲しいことに、
自殺だけでなく高齢者の孤独死数が増加しています。
とくに、高齢者の孤独死は発見が遅れる場合が多いです。
こうした社会の状況から、特殊清掃の需要は高まっています。

安易に自分で特殊清掃をするのはやめてください。
目に見えない細菌は、
生涯付き合わなくてはならない病をもたらす危険性があります。
孤立死の現場では、不用意に何かに触れたことで、
感染症を患ってしまうことや、
自分が感染症に感染していることに気付かず、
他人(第三者)に感染させてしまったり、
目などの粘膜にダメージを受けることもあります。
また、何も考えずに、部屋に入ってしまいますと、
今までに嗅いだことの無い臭いを嗅いでしまい
、驚かれるケースや、
故人がC型肝炎等の感染症を患っていたことを知らずに、
床に染み込んだ体液に触れてしまい、
同じ感染症を患ってしまうケースもあるため、
亡くなった原因が感染症か否かという情報も重要となります。

特殊清掃から遺品整理まで遺族の方に寄り添って、
サポートさせていただいております。
特殊清掃でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

突然の別れのそのときに

大切な人を突然亡くされた時、
多くのご遺族は悲しみと戸惑いで
いっぱいになっておられます。
その状態の中でご葬儀などの対応もしなくてはならず、
そこには大変な心労が容赦なくのしかかります。
そんな中では「とてもじゃないけど遺品の仕分けなど難しい」
と言う場合も少なくありません。

「ただ片付けるだけの業者では心の整理ができない」

最近では、不要になった物を廃棄する
「片付け屋さん」「便利屋さん」も多くなりました。
それ自体は時代の流れで致し方ないことですが、
時と場所を考えれば平静な時とは違った
アプローチが必要だと思いませんか?
ご家族が亡くなり悲しみにくれているさなかに
便利屋さんがトラックで乗り付ける。
これまで個人が愛用していたお品や、
戸棚の奥にしまわれて見つからなかった形見も
どんどん運び出してトラックに山積みし、
ゴミとして処分する…
ちょっと想像しただけでミスマッチだとわかります。

そうです、このような状況では心の整理も必要なのです。
わたしたちはご遺族の一助になればとの想いを胸に、
「心に沿ったお手伝い」をさせていただだいております。

A様有難うございます

今回は当社にご依頼されたお客様のA様のご意見を
掲載させていただきました。

~後回しになってしまっていた遺品整理を依頼~

「母が亡くなったため遺品整理を依頼しました。
母が亡くなってからというもの葬儀からずっと忙しく、
仕事の忌引き休暇もそれほど長くないですし、
なかなか遺品整理にまで時間を割くことができませんでした。

このままではいけないと思い遺品整理を
ハロークリーンセンター遺品整理さんに
お願いすることにしました。
もともと近所での評判がよかったので
決めさせていただいたのですが、
期待通りの対応、遺品整理の丁寧さ、
手際の良さに関心しきりでした!
引っ越しのプロと言う事もあり、
大きな遺品も安心して任せる事が出来ました。

また、遺品整理だけではなく、遺品の買い取りもしていただけました。
おかげで遺品整理の金額を抑えることができて嬉しいです。」

貴重なご意見有難うございます。
これに満足することなく、
これからも精進して参りたいと思っております。

遺品整理は是非当社にお任せ下さい。

高値で取引される遺品

遺品整理をしていると、
ときどき「何これ?」と思うようなものが出て来ます。

雑貨や衣類、故人がコレクションしていたもの、
変な掛け軸や陶器など……。
どう見ても古いし、汚れているし、
ごみのように見えたりします。
でも、それが実は貴重な美術品だったり、
価値の高い銀や金製品だったりすることがあります。

なかには、
古い行李(こうり)に入っていた冊子や写真が、
太平洋戦争中の貴重な資料であることがわかり、
のちに県に寄贈されたなんていう例もあります。
遺品整理で出て来たもの、古くて汚い、いらない!
と思わないで、鑑定してみませんか?


金やプラチナなど貴金属の輝きは、
昔から人を魅了してきました。
貴金属は安定した人気があり、
いつの時代も価値が高いものです。

もし、遺品から金製品が出て来たら、
小さなもので捨ててしまわず、
鑑定してもらいましょう。

アクセサリー・時計など
指輪やネックレス、ピアスやブローチ
などのアクセサリーや、
時計が残されることはよくあります。
ただ、ものによっては、
「金」として売った方がお得か、
時計や指輪などの「品物」
として売った方がお得か変わってきます。
大きなポイントは、ブランド物であるかどうか、
どんなデザインであるか。

たとえば、時計を例にとってみると、
ノーブランドのものでデザインが
特に変わっていないのなら、
金として売る方がよいでしょう。
また「ロレックス」や「カルティエ」、
「フランクミュラー」など
人気のブランド時計なら、
状態にもよりますが時計として売る方が断然、
高値がつきますし、
古くても高値で売れることが多いようです。

アクセサリー類も同様で、金の塊としてみるべきか、
アクセサリーとしてのほうが価値が高いのかは、
ブランドやデザインによって変わります。
人気のブランドジュエリーには、
次のようなものがあります。
カルティエ、ティファニー、ブルガリ、
ハリーウィンストン、ヴァンクリフ&アーペルなど。
ブランド名、モデル名がはっきりしていて、
箱や保証書などの付属品が揃っていると、
さらに高く売れます。

他にも仏具等高値で引き取りされる物は
沢山あります。
詳しくは、当社にご相談下さい。

ご近所付き合い大切ですよね

年の瀬、12月は、何かと人と会うことの多い月。
日ごろお世話になっている人はもちろん、
久しぶりに会う人でも、
年末の挨拶まわりや忘年会、
納会など飲み会の機会があれこれ増え、
たわいない世間話で過ごす場面も増えてきますよね。

そんな席でも、毎日顔を合わせているような
同僚や後輩、仲の良い友達やバイト仲間などなら、
話題に困る事はありませんよね。

さて今日も昨日に続いて
北摂で遺品整理をさせていただきました。

お客様は途中用事があるとのことで
現場から離れてしまったのですが
ご近所の方から差し入れを頂きました!
嬉しいことですね!

差し入れを下さった方は、依頼人の
亡くなられお母様と親しくなさってたようで
ご近所の方皆さんからご配慮頂き
有難うございました。

仕事の方でも
お話いただいていた貴重品探索でも
お客様のご依頼に応えることが出来ました

ご希望の臍帯(へその尾)も探しあて
お客様のご依頼に応えご満足いただける
お仕事をさせていただいたと
勝手ながら思っております

A様ご依頼有難うございました!

遺品整理をできるだけ安くするには

遺品整理の料金相場は、
部屋の大きさや遺品の量などによって異なりますが、
決して安い金額ではないからこそ、
できるだけ安く抑えたいですよね。

できるだけ自分でゴミを捨てる
遺品整理作業は、
処分する不用品の量が少なければ少ないほど、
少人数で行います。
つまり、事前に遺族側で不用品を処分しておけば、
費用をぐっと抑えることができるのです。

いくつかある不用品の処分方法で1番格安なのは、
自治体が運営する廃棄物処理施設に
直接持ち込むという方法。
大量の衣類や布団、新聞紙、椅子、テーブルなど、
幅広い種類の不用品を引き取ってくれます。
また料金についても処分費用が安いことが多いです。

例えばある市町村の清掃工場では
50kgまで150円で処分をしてくれます。
非常に格安なので、処分費用を抑えることができます。
デメリットは処分場や清掃工場によって
対応していない所がある点です。
また、家庭ごみの持ち込みを禁止している自治体や、
テレビや冷蔵庫といった大型家電の引き取りが
不可能な場合も多いので注意しましょう。

どんな遺品整理もお任せ下さい

故人様が暮らしていた部屋の遺品整理は、
ご遺族様だけでおこなうことが
困難な場合が多くあります。
遺族様同士での日にちの段取りが合わなかったり、
遠方ですぐに故人様の家に
行くことができなかったり等、
様々な理由がございます。
遺品整理専門業者の当センターは、
ご遺族様のご希望に沿った
遺品整理を責任を持ってさせて頂いております。

遺品整理というのは、
ただ単に家財を片付けるだけではなく、
故人様が生活をしていたそのままの状態の中から
貴重品の探索もしっかりとおこなっております。
現金、印鑑、通帳などはほぼ必ずと言っていいほど
遺品整理作業の際に出てきます。
もちろんご遺族様に
お渡しさせて頂きますのでご安心ください。
その他探して欲しい物がある場合は
お気軽にお申し付け下さい。

当センターは遺品整理の専門会社であるからこそ、
徹底したサービスに自信を持って
ご提供させて頂いており、
ご依頼者様にも大変ご満足して
頂いておりますので安心してご相談下さい。

また、遺品整理に付随するサービスとして
ハウスクリーニング・特殊清掃も
全て自社で施工させていただき
大変好評ですので是非ご利用くださいませ。

このようなことでお困りではありませんか?
・遺品を整理・処分したいが、
どこから手をつけていいか分からない。
・県外にある実家の遺品を何とかしたいが、
 遠方に住んでいる為なかなか時間がとれず困っている。
・賃貸物件に住んでいた
 親の遺品を早めに整理・処分したい。
・疎遠になっていた親が亡くなった為、
 遺品を代わりに全て整理・処分してほしい。
・権利書等を探しながら遺品を整理・処分してほしい。

上記の理由等でお悩みになっている方はご気楽に
当センターへご相談ください。

遺品を分別する順番

大切な方が亡くなり、
お葬式などが終わって一息ついた後に
実施する住まいや部屋の片づけ、
所謂遺品整理の作業。
亡くなってからそう日にちも経っていない状況で、
思い出がたくさんある部屋の
家財や日用品を処分することは心苦しいものです。
実際になかなか手を付けられない方も
いるのではないでしょうか?
また、心の問題だけでなく、
いざ手をつけると思ったより時間がかかってしまって
困っている方も多いのではないかと思います。

今回は遺品を分別する順番に触れたいと思います。
最初は食器や衣服など日用品が入っているタンス
などから手を付けることをおすすめします。
このようにすることで空になったタンス自体を
粗大ごみとして処分することができます。
また、貴重品や故人との思い出の品も
後回しにしたほうがよいでしょう。
なぜなら、アルバムなど思い出の詰まったものは
想い出がよみがえり、
作業の手が止まってしまうことがあるからです。
また貴重品についても、処分するか残すかに迷って、
時間がかかってしまう場合があります。
先に片づけやすいものから着手して、
迷いそうなものはすべての作業を終えた残り時間で
じっくり処分の仕方を考えるようにしましょう。




遺品とは何?

遺品とは、故人が生存中に所有していたもので、
死後遺されたものをさします。
遺品は日常生活に使っていた
家財道具などのなかから、
遺族にとって思い出が深いものを選んで、
形見として残す品物と、
遺品整理として片づける必要のある、
雑多なものに分けて、
整理していく必要があります。

遺品は遺産の中の動産に当たる部分です。
一般的には手紙や住所録、通帳
などの必要なものは保管しても、
事前に分けておいた特別な品物以外は、
家具や家電、衣服などの古くなって価値のないものは、
遺品整理の際に処分することが多いでしょう。

遺品の実際
独居のまま亡くなる人が増え、
後に大量の家財道具が残されることが少なくありません。
賃貸住宅の場合は、早急に部屋を引き払う必要もあるため、
遺品整理は専用の業者などにお願いするなど、
遺品の処理を速やかに行う必要が出てきています。
遺品整理は、
遺品に対して感じる感情も人それぞれ違うため、
残すものと処分するものを
事前に分けておく必要があります。

当社は、きれいに家財道具を運び出した後、
依頼があればハウスクリーニングも承ります。
遺品整理は安心してお任せいただける当社にご相談下さい。

生前整理のすすめ

社会問題となっている孤独死。
でも、
孤独死は今後ますます増えていくと考えられています。

厚生労働省が発表した
平成28年の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳。
これは過去最高の数字で、
世界では香港に次いで2位という結果でした。

また、生涯未婚率も年々高くなり、
1人暮らしの高齢者は増えることはあっても
減ることはなさそうです。

こんな現代だからこそ、
生前整理をしておきたいもの。
孤独死なんて誰もしたくないし、
事件にだって遭いたくないに決まっています。
でも、この世の中、いつ何が起こるかわかりません。


だからこそ、生前整理をしておきたいもの。
暗く考えるのではなく、これまでの自分を振り返り、
整理すると考えてみてはいかがでしょうか?
少しでも、
この先の人生を明るく身軽に生きていくために。

遺品整理のお悩みやお困りごとは
遺品整理の専門家
「遺品整理のハロークリーンセンター」へ
ご気楽にご相談下さい。

Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ