大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

心の負担軽減

皆様こんにちは、今回は急死されたご遺族様からのご依頼でした。

 

急な出来事でしたので、まだ心の整理がつかず片付けができませんとの事でした。

 

ご家族を亡くされている中で遺品整理もしなければならないというご遺族様はとても大変です。ご遺族様の心の負担を軽減するお手伝いが少しでも出来ればと当社スタッフは考えております。

 

故人様の思い出の品などはもちろんのこと、処分するのは忍びない愛用品もご要望に寄り添った遺品整理を提案しておりますので、お気軽にご相談下さいませ。


 



 

供養する遺品ついて

皆様こんにちは、今回は遺品整理をさせて頂くにあたっての遺品の供養について書きたいと思います。



供養される遺品も様々な種類がございます。昔から人形や針、刃物などの供養は有名ですがハサミや鏡などが供養されています。



遺品にも魂や神様が宿り、それを祀る事も多くあります。

物を大切にするという考え方から遺品にも供養する日本の文化は尊いものだと思います。



大切にしていたものにも感謝する気持ちを大切にしていきたいですね。

 








お手伝い

皆様こんにちは、今回は同居していたご家族様がお亡くなりになり遺品整理をして欲しいとのご相談でした。



ご家族様が亡くなられて荷物を片づけなければならなくなった場合、私たちはご依頼主様と一緒に故人様の荷物整理をお手伝いさせて頂きます。不要な物でも故人様にとっては思い出の品でもありますし、一緒に仕分けを行なっていき、確認を取りながら作業を進めてまいりました。



一人ではためらってしまう事でも、ご一緒に進めていくことによりスムーズに作業ができると感じました。ご依頼主様の気持ちが落ち着き、穏やかな日常を取り戻される日を私たちはお手伝いさせて頂いた。そう思える今回のお仕事でした。






遺品整理業者のメリット

皆様こんにちは、今回は遺品整理をする際に業者に依頼するメリットについて書いてみたいと思います。



故人様への気持ちが残っている場合は、思い出の品に触れるだけで辛い思いがよみがえってきたりすることがあります。処分するものが大量にある場合はトラックなどを借りて、処理場まで運ぶ必要があります。かかる時間や手間、気持ちの面でもだいぶ負担になってしまいます。そこで当社では経験豊富なベテランスタッフに任せておくだけで、スムーズに作業を進めさせて頂きます。



お困りの際は弊社へお気軽にご相談下さいませ。

 






お話を伺う大切さ

皆様こんにちは、今回は遠方に住まわれているご家族の方からの依頼で、お仕事をさせて頂きました。作業当日までお会いする事が出来ませんでしたが、事前に見積もりや説明を行なっておりましたので納得してお任せして頂きました。



ご依頼主様のお気持ちに親身になって寄り添う事によって、不安を取り除いて頂くだけでなく心の整理をつけて頂き、何もわからない遺品整理をお手伝いさせて頂いてお力添えになれば、と思っております。



まずはお気軽に弊社へご相談くださいませ。お気持ちに寄り添ってお話をお伺い致します。






お盆の供養

皆様こんにちは、もうすぐお盆の時期になりますね。ご先祖さまやお亡くなりになられた方が現世に戻る日として、お迎えに行くという意味でもお墓参りが良いと考えられて言います。



私も、お盆にはお墓参りをしてご先祖様の供養を行う予定です。



当社では様々な遺品整理を行なってきました。亡くなられた方の魂がお盆に戻って来られる、という行事は毎年大切にしております。




夏の暑さ

皆様こんにちは、暑い日が続きますが、7~8月は特に熱中症に中が必要です。



毎年、熱中症によりお亡くなりになられた高齢者の方の遺品整理がこの時期に多くなっています。高齢者の方は、暑さを感じにくいものです。適切にエアコンを使用して頂き、暑さが続くこの時期に、高齢者の方を熱中症から守っていきたいですね。



夏バテしないように栄養価の高い物を摂って、水分補給をしっかりとして、この夏を無事に乗り切ってまいりましょう。



遺品整理の時期について

今回のご依頼は、故人様が亡くなられてから1ヶ月以上経過した親族の方からのご相談でした。

故人様が亡くなられた直後は心の整理がつかず、そのままで放置していました。やっと心の曇りも晴れて、遺品の整理にとりかかろうと思いましたが、遠方に住んでいた為に、何度も往復できず、遺品整理の業者さんにお願いをするという事になりました。との事です。



この様な事情で遺品整理が遅くなってしまう事もあります。しばらくは部屋をそのままにしておきたい、遠方なので来ることが困難な場合もございます。遺品整理の時期はいつでも良いと思われます。



ご依頼主様の心の整理がついてから、遺品整理を考えてみてはいかがでしょうか。

 






高齢化社会

暑さにも慣れてきたこの時期、熱中症に注意してお過ごしください。1人暮らしの方が増えている現状では、孤独死されている方が増えております。

熱中症の症状については頭痛や吐き気、倦怠感等があります。日々の生活の中で暑さに対する工夫をしてお過ごしください。



高齢者の方でも介護施設に入所していれば最期は看取られますが、施設に入れない方も多い現状では住宅で孤独死をされている方もおられます。



住居の管理人様からのご相談も増えているのが現在の遺品整理業です。








遺品整理業者

遺品整理とは出来れば親族の方が行なうことが望ましいです。しかしご遺族の方は悲しみの中で遺品整理やその他の手続きを行なわなければなりません。



離れて暮らす親族では対応できない場合もございます。



身寄りもなく、住居の管理人様からのご依頼も多々あります。



この様な様々な事情から、私たち遺品整理業者が存在しています。ご依頼主様に親身になってご相談をお受けしております。お困りの際は弊社へご連絡頂ければ幸いです。

 






Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ