大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

ゴミの廃棄について

皆様こんにちは、現在では家電のリサイクルや環境問題の為簡単にゴミを捨てられない時代になっています。



個人でゴミを処分するにもリサイクル費用や廃棄責任を負う事にもなり、大変な労力を必要とします。

遺品整理についても同様の問題があるのが現状です。



遺品整理業者では、故人様の遺品の搬出作業から形見分けなどに関する事などもご遺族様に代わって行うことが出来ます。

高齢で遺品の処理が出来ない場合や忙しくて遺品の処理が出来ないご遺族様でお困りの場合は、一度弊社へお気軽にご相談頂ければ親身になってお話をお伺い致します。



まずはお気軽にお電話でご相談下さい。






 

保管、処分の在り方について

皆様こんにちは、今回は思い出の品について書いてみたいと思います。



自分にとって価値のある物が多数あると思いますが、全ては保管する事が出来ません。

どこかで気持ちの整理をして、保管するか処分するかを決めないといけません。



親からもらった物なら修理しながら使用し続けるのも良いと思います。



子どもの作品や手紙などはクリアブックに保管したりするのもおすすめです。



夫婦に関する物は保管や処分が難しいと思われます。

自分があまり気に留めていなくても、お相手のご両親や親戚の方に処分してもよいか聞いておくことも忘れてはいけません。



何かを整理してみたいけどなかなかできない。といった物があればぜひ弊社へお気軽にご相談下さい。









 

遺品整理業者の現在について

皆様こんにちは、故人様のお部屋の整理、清掃、不用品の処分などは、これまでご遺族様のかたで行なわれる事が一般的でした。しかし、現在では事案的にも人手の面でも、ご遺族様だけでは支えきれないのが現状です。

こうした社会背景を受けて、遺品整理業者が年々増えてきています。

日本では、高齢化社会が進み孤独死をする可能性もあります。



今後、孤独死問題はTVや新聞などで注目をあつめて社会問題となり、核家族化、未婚率、高齢化社会に伴い遺品整理の需要も増加すると思われます。

ますます需要が高まるからこそ、専門的知識を習得し、適切な対応を行なっていくことが現在求められている事だと思います。

弊社も今後の需要に対応できるように日々努力して参ります。






遺品整理の時期

皆様こんにちは、今回は遺品整理を行なう最適な時期について書いてみたいと思います。

仏教の遺品整理は没後49日後です。

49日と言うのは仏教の法要で、近親者の没後49日感を喪中として故人様の冥福を祈るという期間になります。

喪中は出来る限り外交的な行動を控えるというのが一般的なので、遺品整理は喪中明けの49日以降に行なうのが一般的です。



振動の遺品性は没後50日後です。

振動では近親者の没後50日は忌中という期間であり故人様を想い生活を行なうという期間になります。

故人様を思う期間という性質上、振動では没後50日は遺品整理を行なわないというのが一般的です。



賃貸では早く部屋を開け渡さないといけないなど事情がございますが、お参考になさって下されば幸いです。






 

遺品整理のメリット

皆様こんにちは、今回は遺品整理を業者に依頼する際のメリットを書いてみたいと思います。



メリット

遺品整理士という遺品整理専門の資格を持つ業者や経験豊富なスタッフに任せて、スムーズに作業を進める事が出来ます。

仕分けから回収まで遺品整理業者に依頼するか、遺品整理は自分たちで行ない、処分する物の回収だけを不用品の回収業者に依頼する等、頼みたい作業内容によって適切な業者を選ぶことが出来ます。



故人様の遺品をお一人では処分できない場合などに、遺品整理業者に依頼すれば、スムーズに作業が進められると思いますので、ご検討頂ければ幸いです。






 

遺品整理業とは

皆様こんにちは、寒い日が続きますので体調管理をして健康に過ごして下さい。



遺品整理では、故人様の形見として残しておきたい物、もう処分してもよい物などが入り混じっています。

賃貸であればすぐに部屋を開け渡さないといけない場合もありますし、遺品をいつまでもそのままにはしておけません。

写真やアルバムなど、捨てたくない思い出の品は手元に置いておくか遺品供養を行なっている業者に依頼する事もできます。

故人様が1人暮らしだった場合は大きな家具や家電製品が不要になる事も多いですが、これらを自分で処分するのは大変だと思います。

これらの対応は当社にお任せ下さいませ、ご依頼者様の要望に可能な限り対応させていただきます。



大切な品を丁寧に処理してまいります。






 

思い出に寄り添って

皆様こんにちは、寒い日が続きますね。体調管理に気をつけてください。



今回のお仕事をさせて頂いたご依頼主様は、アパートで一人暮らししている急死された弟様のお姉様からでした。

故人への想いが強く、遺品整理をすることに戸惑っていました。



思い出の品を整理する作業には、どうしても時間がかかるものです。

こちらも親族の方が安心できるように笑顔で対応させて頂きました。

終わった後、ほっと安心した顔を見れてうれしく思いました。



これからも、ご依頼者様の気持ちに寄り添う仕事をさせて頂きたいと思います。

 








片づけられない想い

皆様こんにちは、今回のご依頼主様はご両親がお亡くなりになり、実家を片づけることができなかった男性です。



空き家にしておくと家も傷みます、資産価値も下がってしまい管理するのも固定資産税も大変です。

また防犯上、放火などの被害にも遭いますので、空き家は自分だけの問題ではなく、そこに住む地域住民にとっても問題になってしまいます。

ご自分で片づけようとしても思い出に浸ってしまいなかなか片づけられない、という気持ちもあります。

ここは思いきって第三者である遺品整理業者に相談してみたとの事でした。



ご自分では片づけが難しいご依頼主様の気持ちに寄り添って作業させて頂きました。

 








共に

皆様こんにちは、今回のご依頼主はご主人をなくされた高齢の女性からのご相談でした。

お子様も独立されて、夫婦二人で暮らされていたとのことです。

遺品整理をしてみると、沢山の日記が見つかりました。

その日記には奥様への感謝の言葉が書かれてあったそうです。

結婚さてれから子供が生まれ家族で暮らした思い出など十数年間もの思い出が詰まった日記にはとても重みがあります。

処分すると決断された奥様はしっかり前を向いているように思いました。



私たちの遺品整理という仕事が残されたご遺族様の前を向くお手伝いを出来たらと思います

 











 

昔の思い出

 

皆様こんにちは、今回のお仕事は高齢の女性の遺品整理でした。

一人暮らしだったとの事でご家族様からのご依頼でしたが、ご家族様は孤独死されていたことに戸惑っておられました。

遺品整理をしていくと、服の修繕に使っていたミシンや裁縫道具などや子どもの頃に読んでもらっていた本などが見つかり、まだ若かったころの故人様を思い出しておられました。



人の死を乗り越えるのは難しいですが、その先に心が成長すると思えるお仕事でした。

 








 

Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ