大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home

大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

遺品整理サービスの流れについて

今回は、遺品整理の一般的な流れ・経過についてご紹介します。

遺品整理とは、故人の物を処分する(捨てる)ことだけを指すものではありません。形見や売却可能な品物、再利用(リサイクル)できる品物、そして廃棄物などに仕分けそれぞれ故人の意思を尊重して行う整理のことです。また、お部屋を今後利用する為には、物を整理してできるだけ無くす必要があります。これらは時間と手間がかかり、ご遺族にはとても負担となる作業です。

遺品整理に豊富なノウハウを持つ弊社をぜひご用命下さい。

 

〈サービスの内容と流れ〉

―仕分け―

●見積もり・契約

●仕分け・片付け

【1】貴重品…ご依頼主様/買取業者(※買取可能でご希望される場合)

【2】再利用可能物…再利用業者

【3】廃棄物…廃棄物業者

→上記範囲の見積もり目安(2LDK):作業日数1~2日*/費用(税込み)12.8万円~25万円*(*あくまで一般的な目安です。家屋の状態を拝見した上で見積もりさせて頂きます。)

―清掃・確認―

―合同供養・形見発送―

(※上記は一般的な遺品整理業者のオプションサービスの一例です。この他にもご要望に応じたサービス提供が行われています。)

その他ご不明な点、詳細にお聞きになりたいことなどがあれば、ぜひお気軽にご相談下さい。




遺品整理の料金目安

今回は、遺品整理を行う際に「どれだけ費用がかかるか?」その料金の目安についてご紹介します。

一般的に遺品整理にかかる料金の目安を一覧表にしてみましたので参考にしてください。

 

(間取り:)ワンルーム→(料金目安《総額・消費税別》:) 30,000円~100,000円

(間取り:)1DK→(料金目安《総額・消費税別》:)30,000円~120,000円

(間取り:)1LDK・2DK→(料金目安《総額・消費税別》:)50,000円~250,000円

(間取り:)2LDK・3DK→(料金目安《総額・消費税別》:)90,000円~420,000円

(間取り:)3LDK・4DK→(料金目安《総額・消費税別》:)120,000円~680,000円

(間取り:)4LDK・5DK→(料金目安《総額・消費税別》:)150,000円~800,000円

 

・遺品処分費や運搬費、作業費などを含む実際にお支払いされる総額を提示しています。(消費税別)

・金額に大きな幅がある理由は「遺品の量」「分別作業の程度」「階数・エレベーター有無」「トラック車両までの距離」などの違いがあるからです。

・部屋や遺品の状況によっては、上記金額を大きく超えることもあります。(例)異常に遺品量が多い、ゴミ屋敷や孤独死などの場合。

遺品整理について詳細な情報をお聞きになりたい方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

遺品整理の実際

亡くなった方の家や部屋には、形見として残しておきたいもの、まだ使えそうなもの、大きな家具や家電、もう処分してもよいものなどが入り混じって残っています。

家をすぐにでも明け渡さなければいけない場合もありますし、遺品をいつまでもそのままにしておくわけにはいきませんよね。

遺品整理とは、このような故人の遺品を、残しておくものと処分するものとに仕分け・整理することです。

残しておくもののうち、現金、印鑑、銀行の通帳、株式証券、骨とう品や美術品などの貴重品は、遺族の誰かが管理したり相続したりすることが多いでしょう。

写真やアルバム、手作りの品など、捨てたくない思い出の品々は、手元に置いておくか、遺品供養を取り扱っている業者に依頼することもできます。

故人が一人暮らしだった場合は、食器棚やタンス、テレビなどが不要になることも多いですが、これらを自分で処分するのは大変ですよね。

〈遺品整理を業者に依頼する際のメリットとデメリット〉

●メリット

・遺品整理士という遺品整理専門の資格を持つ業者や、経験豊富なベテランスタッフに任せておくだけで、スムーズに作業を進めることができる。

・仕分けから回収まで遺品整理業者に依頼をするか、遺品整理は自分たちで行い、処分するものの回収だけを不用品回収業者に依頼するなど、頼みたい作業内容によって適切な業者を選ぶことができる。

●デメリット

・費用がかかる。

・想定外の追加料金を請求される、作業内容が事前の話と食い違っているといったトラブルが起こる可能性がある。

・業者によっては、遺品を丁寧に扱ってもらえなかったり、回収した遺品を正しくない方法で処分されたりする場合もある。

 

遺品整理を行なうのに最適な時期

・仏教の遺品整理の目安は没後49日後

仏教の葬儀を行なった場合の遺品整理は、“没後49日以降”というのが目安です。

49日というのは仏教の法要で、近親者の没後49日間を「喪中」として“故人の冥福を祈る”という期間になります。

喪中は“できる限り外交的な行動を控える”というのが一般的なので、遺品整理などは喪中明けの49日以降に行なうというのが一般的です。

 

・神道の遺品整理の目安は没後50日後

神葬祭で葬儀を行なった場合の遺品整理は、“没後50日以降”というのが目安です。

神道では近親者の没後50日は「忌中」という期間で“故人を偲んで生活を行なう”という期間になります。

故人を偲ぶ期間という性質上、神道では没後50日は故人の遺品整理は行なわないというのが一般的です。

より詳細にお聞きになりたい方は、ぜひお気軽にご相談下さい。




「遺品整理する人の気持ち」

心から大切に思う故人の遺品を整理することは、誰でもその心に大きな空洞をあけるといいます。ですがその遺品の数があまりに多くあると、これからずっとその物を管理してゆくことに大変な労をしいられると言われるのも本当です。

遺品整理をする人の精神に大きな負担がかかるのは当然のことです。亡くなった人が大切にしていたものなのではないか、だからその思い出の品を捨てるのは忍びない。その遺品のそれぞれには故人の思いが宿っている気がして、捨てられない。

そんな思いをしながら遺品整理をすることは、簡単ではありません。

大切な人を失っただけでなく、その人が大切にしていたものを処分しなければならないのですから、当然でしょう。

遺品整理は、そんな心の負担を軽くするための手段と考える人も少なくありません。

遺品を供養することで、亡くなった人への思いを断ち切ろうとするのです。

遺品整理は、故人との関係が深かった身内が時間をかけて行うべきものです。遺品整理によって、大切な人を失った心に整理をつけることもできるでしょう。

しかし、さまざまな事情から遺品整理が難しい人もいます。遠方に住んでいるので何度も足を運ぶことができない。遺品の量が多すぎて自分で処分するのが難しい。体を壊しているため遺品整理に行けない。なかなか気持ちの整理がつかず遺品整理に取り掛かることができない。様々な事情があります。

そのようなときは、無理して自分で遺品整理をせず、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

その際、信頼できる良心的な業者を選ぶために2つポイントあげておきます。

●現地を見てから見積りを出してくれる業者を選ぶ

●料金が安すぎる業者は要注意(あまりにも安さを宣伝してくる業者は要注意です。処分業者としての許可を取得していない違法業者である可能性もあります)

遺品整理についてご質問されたい方がございましたらどうぞお気軽にご相談下さい。

心から大切に思う故人の遺品を整理することは、誰でもその心に大きな空洞をあけるといいます。ですがその遺品の数があまりに多くあると、これからずっとその物を管理してゆくことに大変な労をしいられると言われるのも本当です。

遺品整理をする人の精神に大きな負担がかかるのは当然のことです。亡くなった人が大切にしていたものなのではないか、だからその思い出の品を捨てるのは忍びない。その遺品のそれぞれには故人の思いが宿っている気がして、捨てられない。

そんな思いをしながら遺品整理をすることは、簡単ではありません。

大切な人を失っただけでなく、その人が大切にしていたものを処分しなければならないのですから、当然でしょう。

遺品整理は、そんな心の負担を軽くするための手段と考える人も少なくありません。

遺品を供養することで、亡くなった人への思いを断ち切ろうとするのです。

遺品整理は、故人との関係が深かった身内が時間をかけて行うべきものです。遺品整理によって、大切な人を失った心に整理をつけることもできるでしょう。

しかし、さまざまな事情から遺品整理が難しい人もいます。遠方に住んでいるので何度も足を運ぶことができない。遺品の量が多すぎて自分で処分するのが難しい。体を壊しているため遺品整理に行けない。なかなか気持ちの整理がつかず遺品整理に取り掛かることができない。様々な事情があります。

そのようなときは、無理して自分で遺品整理をせず、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

その際、信頼できる良心的な業者を選ぶために2つポイントあげておきます。

●現地を見てから見積りを出してくれる業者を選ぶ

●料金が安すぎる業者は要注意(あまりにも安さを宣伝してくる業者は要注意です。処分業者としての許可を取得していない違法業者である可能性もあります)

遺品整理についてご質問されたい方がございましたらどうぞお気軽にご相談下さい。








 

遺品整理の方法とタイミング

遺品整理をしなければならないものの、整理の方法が分からずに戸惑っているという人はたくさんいるようです。また、自分にとって親しい身近な人だったので、「どうしても整理をしたくない」と言われる人も多いと思われます。まず必要なことは、

 

心の整理

 

です。法律などで遺品の整理の仕方が決まっているわけではないのですが、心の整理をつけたいと思ったタイミングで始めるやり方もあります。いつまでも悲しみを引きずってしまう人もいますが、それでは故人も悲しい思いをすることになるでしょう。

また、どうしても故人が亡くなった悲しみから抜け出すことができないという人もいますが、遺品整理をすることが心の整理に繋がる人はとても多いです。前を向いて新たな気持ちでスタートするきっかけにもなるでしょう。

 

業者に依頼する方法もある

 

一般的には家族で遺品を整理しますが、遠方に住んでいるなどの理由からなかなか遺品整理が必要な家に行くことができない場合もあります。

そういった場合には、遺品整理の業者や遺品整理に対応しているリサイクルショップに依頼をするという遺品整理の仕方もおすすめの方法です。

遺品整理や心の整理についてお悩みの方は、ぜひ一度、弊社へご相談下さい。微力ながらに、どのような形かでお役に立てれば幸いです。



 

あなたの大切な人への誠実なご奉仕

あなたの大切な人の生前の物品を整理するという事は、その故人にできる最後の奉仕です。

近年では高齢化・核家族化などの影響から、“一人暮らしで生涯を終える”という事例も多くあり、遺品整理の規模や方法が複雑化しています。

複雑化している遺品整理を家族だけで行なうのは非常に難しいものです。

そこで、「遺品整理をいつから始めるのか?」、「遺品整理の際に遭いやすいトラブル」、「形見分けの時期」など遺品整理に関する様々な疑問が出てくると思われます。遺品整理はいつ行なえばよいのか?その最適な時期をお伝えしたいと思います。

●仏教の遺品整理の目安は没後49日後

仏教の葬儀を行なった場合の遺品整理は、“没後49日以降”というのが目安です。

49日というのは仏教の法要で、近親者の没後49日間を「喪中」として“故人の冥福を祈る”という期間になります。

喪中は“できる限り外交的な行動を控える”というのが一般的なので、遺品整理などは喪中明けの49日以降に行なうというのが一般的です。

ご葬儀に関する詳細な情報がわからない、もう少しここのところを聞いてみたい、という方が居られましたら、ぜひ弊社へお気軽にご連絡下さい。

少しでもお役に立つことができれば幸いです。



 

今から準備する遺品整理

金品や骨董品、資産などは分配が比較的しやすく、喜んで引き受けたいご家族も多いのではないでしょうか?

今のうちに誰に何を渡すか、確認しながら整理をしていくのもいいかもしれません。

ただし遺品の処分や分配をする上での注意事項として、お金にならない物の分配があげられます。

例えば仏壇や遺骨など、祭祀に関するものです。

都心のマンションで暮らす世代が増えてきている今、家族間でも仏壇やお墓を誰が面倒を見ていくのかで、議論をしている事案も多くなっているようです。

亡くなった後、誰に面倒を見てもらうのか今から話し合っておくことも視野に入れておいたほうがよいでしょう。

その会話も、いい思い出になるのではないでしょうか?

遺品の整理は、心の整理でもあります。

ご自身の死後、むやみに捨てられたくない思い出の物をどうするか。

想っているだけでは誰にも伝わらず、つい処分されてしまう可能性もあります。
今から遺品や相続に関する整理をする事はとても大切です。



 

そもそも遺品整理とは

本来身内の方が亡くなると故人の遺品整理は家族が行うものでしたが、遺品整理には時間と労力が必要で、ゴミの分別化が厳しくなり、家族だけで行うのは精神的負担が大きいものです。残されたご家族の思いを継承して行う遺品整理は、単なるゴミを運び出す不用品回収とは全く異なります。弊社はこれら全ての遺品を綺麗に整理させて頂いております。遺品整理でお困りの方はぜひご相談ください。



 

人生のデコレートから共に生きる

遺品整理とは、故人の残した品(遺品)を整理すること、つまり、その故人の生前の「生きた証」を残された人たちがデコレートをし、その故人の息吹がこもった品と共にその後を生きることに繋がる、そう考えられます。

本来ならば家族や親戚の所有物ですから、身内で整理を行うことが自然だと思われる方が多いと思います。しかし状況によっては遺品整理専門の業者に依頼しなければならない場合があるのも事実です。

・遺品がありすぎて全部を把握できない。

・実家の近くに親戚が誰もいない。

・日々の忙しさにより、どうしても遺品整理に時間を保てない(集中した時間を確保できない)。

いろいろな場合がありますが、このような身近な問題が現実において身にかかり、思うように遺品整理を行う時間を確保できないということが多いようです。

このような問題を解決する為、日頃から身内同士で密に連絡を取り合い、また高齢になった近親者と周りの人が共に生前整理を行う場合もあるようですが、実際にはこのように事を運べる例は希のようです。

遺品整理とは、故人の残した品(遺品)を整理すること、故人を思う上ではとても大切な事です。思いがあふれる故人とその後も共に生きる空間を作って下さい。



 

Home

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ