未分類 のアーカイブ - 大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home > 未分類

未分類 Archive

孤独死について

 

皆様こんにちは、誰にも看取られずにお亡くなりになられる方は現代ではめずらしくありません。

先日のご依頼でも、孤立していなくても脳梗塞や心筋梗塞で急死されることがあります。

私たちは家族や友人同士でお互いに見守っていくことが最善の方法なのかもしれません。ですが、自身が孤立状態になってしまったら、という事があるのも現実です。

もしそうなってしまったら自分が亡くなったのをどうやって知らせればよいでしょうか。

孤独死された故人様のお部屋を見ると、急死された場合を除くほとんどがゴミを溜めてしまっています。



人間最後は自力でゴミを出せなくなった時に死というものが近づく時でもあるのでしょうか。






 

物では無い遺品

 

皆様こんにちは、遺品整理には形のない者も含まれています。

例えば負債などです、確認して債務があるようでしたら相続放棄などの選択肢も検討出来ますが、確認せずに相続をしてしまって後から気づく場合もあります。

問題が起きないように家族の方へ生前に話し合っておくことをお勧め致します。

賃貸物件などに故人様が住まわれていた場合などは家賃が発生いたします。故人様が亡くなられた直後というのは、ご遺族の方々も故人様を思い出してしまうので遺品整理が出来ないという場合があります。

お急ぎの場合などは是非とも当社へご相談下さいませ、故人様の遺品を整理するお手伝いをさせて頂きます。






 

生前整理と終活

皆様こんにちは、遺品整理の仕事は高齢で重たいものが運べない、家族に迷惑をかけたくないなどの理由で需要が高まっています。

生前整理は生きている内に持ち物を整理して遺品を少なくすることで、終活として始める方が多いようです。

亡くなられた後に故人の想いのこもった品々を供養するという観点から、遺品整理は当社へお任せください。

一定の年齢を迎え身辺を整理したい、身の回りの不要な物を処分したい等のご相談もお受けしております。終活を始める際はお気軽にご相談して頂ければ幸いです。

無縁社会

皆様こんにちは、今回は孤独死を迎えた故人様のお仕事につい書かかせていただきます。



無縁社会とは、独居生活を送り職場や親類との絆が無く孤独死を迎えた方で、遺品整理では避けては通れない問題です。

遺品整理をしていると、全く引き取り手のない方や、兄弟・親戚が疎遠になってしまっている方が多いように感じます。



故人様が一人暮らしを愉しみ、安らかな時を迎えられることを願っております。

 








 

遺品整理で困る事

 

皆様こんにちは、今回のお仕事ではご依頼主様のご家族間での困りごとについて書かせて頂きます

遺品整理においてご遺族様が困っておられるのは金銭に絡んだものでした。

預金通帳などは少額の預金であっても処理しなければなりません。

わずかな金額でも故人様が残していかれたお金ですから、そのままにはできませんし、価値のわからない装飾品等も処分に困るとの事でした。



少しでも金銭的価値のあるものは、生前にできる限りまとめておいて、ご家族様に伝えておくことが後の混乱を避ける事にもなるようです。

 








 

パソコンの中にある思い出

皆様こんにちは、今回はパソコンやデジタルカメラに保存されているデジタルデータについて書かせて頂きたいと思います。

遺品整理においてもデータ処理が必要になっている時代です。

パソコンに保存されているデータは楽しい思い出や重要な情報が入っている場合が多いと思われます。

ハードディスクを外してからの処分になってしましますが、全てのデータが消去されてしまうことになります。

日頃からデータの整理を行い、残しておきたい情報は別に残しておくなどの対応をされておくのがおすすめでもあります。

故人様が生きてきた証でもある情報ですから。



 

近所付き合い

 

今回はいわゆる「ゴミ屋敷」といった家の遺品整理を行ってきました。

亡くなったこの家の家主は、妻に先立たれてからこのような家の状態になってしまったとの事で、数日前より姿を見せなくなったとの事で家主の娘が見に行った時に亡くなられていたとの事でした。

我々は家主の娘や近隣住民と協力して、一日かけてこの「ゴミ屋敷」を片付けました。

作業が終わると、家主の娘は我々や近隣住民の方々に「今まで父が迷惑をかけてすみませんでした」と一礼、すると近隣住民の方々も「いきなり妻に先立たれ、私たちももっとできることはあったと思います、私たちも力不足でした」と謝罪の言葉を述べました。

近年、近所付き合いが少なくなっているこの現状で、改めて、近所付き合いの重要さを感じました。

 








 

生前整理

こんにちは、10月も半ばに入りましたね。秋の季節が感じられる日々でもあります。

生きているうちに、財産も含めて身の回りの整理をしておくことをいいます。

これまで生前整理と言えば、財産や家・土地、を誰に譲るのか、名義やお墓をどうするかといった相続に関わる対策や身辺整理が中心でした。

しかし近年、人間の節目のあとに新しい生活を、快適に過ごすための整理が注目されるようになりました。

生前整理に関しての知識は一切なくても大丈夫です。生前整理のスタッフがしっかりと対応させて頂きます。

 

 

 

 








 

空き家の活用へ向けて

こんにちは、涼しくなり気候の変わり目でもあるので体調管理には注意して下さい。

今回は長年暮らされていた実家で、現在は誰も住んでいない放置状態の空き家を片づけてほしいとのご相談でした。

年々増加しており社会問題にもなっている空き家問題があります。

現在では空き家を減少させる様々な対策が考えられており、さらに空き家をどう活用するかという問題もあります。

初めに空き家の片づけを行うことにより、活用方法へ検討が進むのではないでしょうか。

遠方で片づけに行けない高齢で片づけが大変という場合でも、対応させて頂きますので、ぜひ当社へご相談下さい。

 

 








 

老老介護

こんにちは、もう10月です。今年も残りわずかですね、とても早く感じます。

今回は団地の管理事務所様からのご依頼でした。故人様が亡くなられて、ご遺族様が遺品整理を行なっていましたが、大型の家電製品等のものが処分できずに多く残っていました。

老老介護という事で立ち合いなしでの作業となりましたが、お身内の介護を行いながら遺品整理を行なわれていて、高齢化社会を実感致しました。

作業開始時にお仏壇の廃棄も希望されておられました。

故人様の想いを無下にはしたくないというご依頼主様の心も感じることが出来ました。

当社での遺品整理の後、新しい気持ちで生活できるようにお手伝いさせて頂きました。

遺品整理によってご遺族様の心も整理できるように願っております。





 

ホーム > 未分類

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ