未分類 のアーカイブ - 大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home > 未分類

未分類 Archive

遺品のお手伝い

早いもので師走ですね。今”遺品整理”という仕事に対し、注目が集まっている時は、これまでなかったでしょう。

高齢化の進展と、核家族化に代表される社会構造の変容に伴い、遺品整理業は、特に”需要”が高まっています。

故人のお部屋の片づけ、清掃、不要品の処分などの遺品整理は、これまでご遺族の方の手で行われることが一般的でした。しかし、現代のライフスタイルにおいては、時間的にも人手の面でも、ご遺族の力だけでは支えきれないのが現状かと思います。

我社では遺品整理のお手伝いをさせていただきます。

個人様、企業様等、色々なケースがあるかと思います。お困りのことがあれば是非お気軽にに当社にご相談ください。

 



 

「お困りごとがあれば」

ご葬儀のあとの、ご心労も癒えぬ間に、多くの遺品を目の前にして立ち尽くしている。
「さて、片づけるのにもどこから手をつければ、いいものか・・・」などと、お悩みの方々も少なくないのではと、ご推察いたします。
遺品は故人様が生前にご愛用されていたものであり、その一つ一つが大切な思い出の品々であります。決して粗末に扱うことはできません。

遺品整理の中にはご遺族の皆様と共にお片づけを行うことや、家具・家電製品などまだ新しく使用可能な物はお買取いたします。

お困りごとがあれば当社にお気軽にご相談いただければと思います。

 



 

 

準備する心掛け


ある日、突然起こってしまっては何もうまくはいきませんよね。

急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理・処分にかかることが多いです。

今は考えたくない時もあるでしょうが、でもしなければなりません。

準備する心構えがあれば少しでも心の負担を減らせるかと思います。

事前・生前整理のご相談などもお気軽にご相談ください。


 

核家族化

現在は核家族化が進み社会問題となりつつあります。
家庭の家族構成の在り方の違いにより遺品は引き継ぐものから整理するものに変化したのかも知れません。

住宅事情からみても保管場所もなく引き継ぐものと処分するものに分ける必要も出てきました。

また故人が借家住まいであれば早い段階での対応が必要であり 遠方であれば尚更の事となります。

時間の無い中、日々忙しい生活の中で行う遺品整理は本当に重労働となります。

そういった観点からも遺品整理は現代のニーズに合った業務になっています。
お困りごとがあれば当社にお気軽にご相談いただければと思います。

 



 

遺品整理

皆様こんにちは。肌寒くなり体調は大丈夫でしょうか。

 

今回は遺品整理についてお話ししたいと思います。遺品整理とは、故人様が残した品を整理することです。遺品はどれをとっても、故人様が生前慣れ親しんだものですので、処分するのに勇気が必要なことになります。

そして弊社では、故人様の品には残された想いが詰まっていて、それらの想いも大切に尊厳をもって作業させていただきます。

 

遺品整理でお困りごとがあれば当社にお気軽にご相談いただければと思います。



 

生前整理

皆様こんにちは。今年も早いものであと2カ月になりました。

 

生きているうちに、財産も含めて身の回りの整理をしておくことは今は定着しつつあります。生前整理という言葉で難しく考えがちですが、人間の節目のあとに新しい生活を、快適に過ごすために、今からでも生前整理の準備をされるのもいかがでしょうか。

 

生前整理に関しての知識は一切なくても大丈夫です。生前整理のスタッフがしっかりと対応させて頂きます。

 



 

季節の変わり目

皆様こんにちは。秋も深まり日増しに寒さを感じるようになりましたね。

この時期に注意したいのが自律神経の乱れです。

 

自律神経は緊張した時や活発に活動している時にはたらく「交感神経」と、リラックスしている時や眠っている時にはたらく「副交感神経」があります。この二つがバランスを保っているのですが、季節の変わり目には様々な原因で自律神経が乱れやすくなります

対策としては自律神経のバランスを整えてやることが大切。なるべく同じ時間に起きて同じ時間にベッドに入る、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。また食生活にも気を配り、栄養バランスのとれた食事を適量とるようにします。

 

なかなか難しい事だとは思いますが、無理をせず心も体もリラックスして冬へと体をならしていけるといいですね。



 

3代の思い出

皆様こんにちは。今回のお仕事は3代に渡り借家を借りられていた家主様がご病気の為

亡くなり、身内の方からの依頼でした。

 

家主様は3代に渡り、そのお家に住んでおられました。3代に渡る為、思い出の品々が

沢山出てまいりました。写真・神社仏閣の御札・お位牌・生活用品等 どれも家主様や

3代住んでこられたご家族の思い出がつまった品々ばかりです。

 

特にお写真は身内の方が見たことのないものもあり、この写真の人物は誰だろう?と記憶を辿り身内の方々で楽しく話されているのが印象的でした。

 

私たちはご依頼主様に一つ一つ確認を行い丁寧に作業を進めました。作業をしている私たちも家主様やご依頼主様に気持ちは寄り添い作業終了時に、ご依頼主様から「ありがとうございました」とお言葉を頂いた時はホッとした気持ちと何だか寂しい気持ちも沸いてきました。

 

 

3代に渡って生活をしてこられた住まい、その思い出は目には見えなくなりましたが、家主様・身内の方々の心の中にずっと残っていることと思います。




ご近所付き合さいの大切

皆様こんにちは、今回のお仕事は70代の身寄りの無い男性の住居の家主様より、ご相談がありました。

 

昨今、身寄りの無い方が増えていて、近所付き合いがほとんどない地域が多くなっています。

その結果 いろいろと相談できる人もいなくなって孤独死が増えているようです。世代による付き合いの考えの違いか、あるいは60代では定年退職を経て生活様式が変わったばかりで、新たな世界観における近所づきあいに慣れていないのでしょうか。

地域社会から半ば孤立したような状態となれば、当然何か困った時に頼れる人がいる確率も低くなる傾向にあるようです。ご近所付き合いがとても大切です、誰か1人でも頼れる方を作ることが大切だと思います。



 

ご依頼主様に代わって

皆様こんにちは、今回のお仕事は離れて一人暮らしをしていた母が亡くなりご依頼主様が仕事が忙しく困っていますとのご相談でした。

 

頼主様が不在の中、当社でお仕事をさせて頂きました。遠方にお住まいの方やお仕事で立ち合いが難しい方のご相談が多いです。

 

不要品、粗大ゴミの処理や部屋の清掃までやっていただき、心の整理がつきましたとのご依頼主様からのお言葉を頂きました。



 

ホーム > 未分類

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ