未分類 のアーカイブ - 大阪・神戸の遺品整理|ハロークリーンセンター

Home > 未分類

未分類 Archive

形見の意味

 

皆様こんにちは、今回は形見の意味、語源について書いてみたいと思います。



形見とは死んだ人別れた人を思い出す思い出となるもの。残された品、過去を思い出させる記念品。

形を見るから生じた言葉。残された物を見る事によりその人を思い出し、その人が見えてくるような物なので形見と言われました。



皆様は形見の品を残したり、授かったりされたことはあるでしょうか?

私は親から何も残されてはいなかったので、父親の写真を形見として持っています。

自分自身が突然に他界してしまった時に家族に残せるものはないかと考えておりますが、なかなかいい物は思いつかないです。

しかし、たとえ価値のない物でも残された家族にとって自分を思い出させてくれるものなら大切な形見になるのではないでしょうか、自分より残された家族が形見を作ってくれると思います。

 








 

少子高齢化社会

 

皆様こんにちは、平年よりも暑い日が続きますね、気候の変わり目でもある今の時期を十分注意してお過ごしください。



核家族化が進み、1人暮らしの高齢者も多くなっているのが現状だと思われます。私の祖父は介護施設に入所していますが、医療機関や介護施設に入れない方も多く身寄りのない方もいらっしゃいます。



そうした現状では、住居の管理人様からの遺品整理をお受けする事もございます。できれば親族の方が遺品整理を行なうのが望ましいですが、遠方に暮らす親族では対応できない場合も多いです。



故人様が幸せな生涯を送ってきたことを願ってお仕事をさせて頂いております。






自分自身の遺品整理

皆様こんにちは、私は以前に亡くなった親族の遺品整理を行ないました。しかし、自分自身が死んだあとは同じように親族に遺品整理をされる側になります。



中には見られたくない物も存在しています。パソコンやスマートフォンにも大切な思い出などが残っています。

死は突然襲ってくるものでもあります。日頃から家族と話し合って残すものや処分する物などを決めておくといいかも知れません。



親族が遠方に住んでいる場合は特に遺品の整理が大変になるものです。

財産になるものも含めて、生前整理も行なっておいた方が後で親族に負担を掛けずに済みます。



ご不明な点がございましたらお気軽に弊社へご相談下さいませ。






 

残された遺品の問題

皆様こんにちは、今回のご依頼主様は遺品整理の方は身内で行なえたのですが、残された住宅の処分に困っているとのご相談でした。



古すぎる住居は資産価値もなく、取り壊すのも費用がかかるとの事です。

生前整理もできずに残された住宅は、残された最大の遺品ともいえますね。後に住む方もおられずに資産価値もなく売ることも出来ない、こうした不動産は残されたご遺族様にとっては大変な問題になってきます。



現代では同じような事例が多くなるのではないでしょうか。

残された住宅を処分するのは最大の遺品整理になるのではないかと思われます。

 








 

孤独死での遺品整理

皆様こんにちは、今回は高齢者の遺品整理を行ないました。



故人様は1人暮らしをされていて、ご遺族様が久しぶりに実家を訪れたときに亡くなられていたとの事でした。



孤独死という事にご遺族様は戸惑っておられています。その後の遺品整理をしていくとご遺族様の子どもの頃の絵本なども残っていました。私たちもご遺族様と相談をして残すものと処分する物を慎重に分けていきました。



近年では孤独死という言葉が日常的に使われていて、珍しくはありません。

私も自分の家族と定期的に連絡を取り、安否を確認する事が大切だと思いました。



皆様こんにちは、今回は高齢者の遺品整理を行ないました。



故人様は1人暮らしをされていて、ご遺族様が久しぶりに実家を訪れたときに亡くなられていたとの事でした。



孤独死という事にご遺族様は戸惑っておられています。その後の遺品整理をしていくとご遺族様の子どもの頃の絵本なども残っていました。私たちもご遺族様と相談をして残すものと処分する物を慎重に分けていきました。



近年では孤独死という言葉が日常的に使われていて、珍しくはありません。

私も自分の家族と定期的に連絡を取り、安否を確認する事が大切だと思いました。



皆様こんにちは、今回は高齢者の遺品整理を行ないました。



故人様は1人暮らしをされていて、ご遺族様が久しぶりに実家を訪れたときに亡くなられていたとの事でした。



孤独死という事にご遺族様は戸惑っておられています。その後の遺品整理をしていくとご遺族様の子どもの頃の絵本なども残っていました。私たちもご遺族様と相談をして残すものと処分する物を慎重に分けていきました。



近年では孤独死という言葉が日常的に使われていて、珍しくはありません。

私も自分の家族と定期的に連絡を取り、安否を確認する事が大切だと思いました。





 

お仏壇の引き取り

皆様こんにちは、4月になり春の陽気を感じられるようになってきましたね。

 

今回はお仏壇の回収を行ないました。

 

ご依頼者様は、古くなったご先祖様のお仏壇を新しい物に買い替えたいとのご相談です。

 

今まで使用してきたお仏壇を処分する事に抵抗があり、なかなか決断できないとの事でしたが、当社スタッフが丁寧に古くなったお仏壇の処理を説明いたしました。

新しくなったお仏壇を見て、ご依頼主様はご先祖様も喜ばれているでしょうと我々に一言伝えて下さりました。

 

代々受け継がれてきているお仏壇はなかなか処分が難しいと思われます。毎日の掃除はもちろん大切ですが、もし買い替えをご検討されている方がいらっしゃいましたら是非当社へご相談下さい、古いお仏壇の処理方法なども丁寧にご説明いたします。


 

 

遺品整理以外の事2

皆様こんにちは、前回に続き遺品整理以外に関しての事を書かせて頂きたいと思います。



遺品整理といった言葉はよく聞くけれども、いざ遺品整理をする時になって どこにお願いしていいのかわからない。遺品以外に何を整理すればいいかわからない。等があると思われます。



一般的には、葬儀社や役所にご相談される場合が多いようですが、遺品整理にかかわる法整備が未だ十分に整っていない為に、相談されるほうもどこを紹介してよいのか熟知していない事が実際にあります。



この様な時に遺品代行、アドバイスを行なう遺品整理士にご相談される方法があります。



故人様や遺族に基づく遺品の仕分け



自治体ごとに異なる遺品処分方法の確認



廃棄物収集会社や等の紹介



その他のアドバイス



この様な業務を1つの窓口で受け付けてくれるのは、ご遺族様にとって非常に助かるものです。



ご不明な点や更に詳しくお聞きになりたい方は、どうぞお気軽に弊社へご相談下さい。






 

遺品整理以外の事

皆様こんにちは、今回は遺品整理以外のご遺族様がしなければならない事などをご紹介したいと思います。



葬儀を終えた後に遺品整理以外にもやらなければいけない事は以下のように色々とあるようです。



生命保険の手続き



預貯金の解約手続き



車の処分や名義変更



所有する不動産の処分や登記変更



賃貸物件に住んでいた場合は解約手続き



等々です。

ご家族様を亡くされた直後にこの様な手続きを素早く行なうのは難しいと思われます。

その時には遺品整理の代行やアドバイスを行なう遺品整理士にご相談される方法があります。



ご不明な点や更に詳しくお聞きになりたい方は、どうぞお気軽に弊社へご相談下さい。

ゴミの廃棄について

皆様こんにちは、現在では家電のリサイクルや環境問題の為簡単にゴミを捨てられない時代になっています。



個人でゴミを処分するにもリサイクル費用や廃棄責任を負う事にもなり、大変な労力を必要とします。

遺品整理についても同様の問題があるのが現状です。



遺品整理業者では、故人様の遺品の搬出作業から形見分けなどに関する事などもご遺族様に代わって行うことが出来ます。

高齢で遺品の処理が出来ない場合や忙しくて遺品の処理が出来ないご遺族様でお困りの場合は、一度弊社へお気軽にご相談頂ければ親身になってお話をお伺い致します。



まずはお気軽にお電話でご相談下さい。






 

保管、処分の在り方について

皆様こんにちは、今回は思い出の品について書いてみたいと思います。



自分にとって価値のある物が多数あると思いますが、全ては保管する事が出来ません。

どこかで気持ちの整理をして、保管するか処分するかを決めないといけません。



親からもらった物なら修理しながら使用し続けるのも良いと思います。



子どもの作品や手紙などはクリアブックに保管したりするのもおすすめです。



夫婦に関する物は保管や処分が難しいと思われます。

自分があまり気に留めていなくても、お相手のご両親や親戚の方に処分してもよいか聞いておくことも忘れてはいけません。



何かを整理してみたいけどなかなかできない。といった物があればぜひ弊社へお気軽にご相談下さい。









 

ホーム > 未分類

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ